妊娠中にセックスをすることについえ、まだ経験はありません。ただ、こわいです。相手が妊娠中に、男はどうやって欲求を満たせば良いか、ただ、妊娠していてもセックスができるのであれば、暖かい関係です。きっと生まれてくる子どもも愛のある子になります。よく男のオナニーは陸上トラック300mを走ったのと同じ体力を使うと言います。つまり、セックスも同じぐらい体力を使います。妊娠中、家の中で安静にしてばかりでは、運動不足になります。旦那様が別の場所で、遊んでいるのは嫌です。なら、運動がてらやります。それが、女性自身にも、男性にとっても、子どもにとっても、良い事です。アメリカの映画で、妊婦さんが乗馬の機械に乗ってるシーンがあります。その感覚です。大丈夫です。怖がる事は何もありません。自分もそうです。みんなで、世界を明るくです。

妊娠中のセックスは母のことを考えて

結婚したての時には、性欲もあるのでがんばってる方も多くいらっしゃいますが、妊娠されたとわかると、ママになる方の性欲が減少するので、セックスしたいと思わなくなります。お腹の赤ちゃんが成長してくると、つわりが起きたりするので、セックス所ではなくなります。セックスしたいと思われてる方もいらっしゃいますが、がんばってる妻のために、もうじきパパとなるのですから、耐えることが大切ですね。妊娠中にしてしまうとお腹の赤ちゃんにもよくないですね。安定期に入ってくると、無茶なことは避けないといけないです。お腹の赤ちゃんはとても清潔なので、感染症を防ぐために汚い手で触らないことですね。無理にしてしまうと、出血したり、流産してしまう可能性もあるので、注意しないといけないですね。夫婦なので、労わる気持ちも大切ですね。

妊娠中のセックスに対する注意点

妊娠中に多くの方が悩むのが妊娠中にセックスをしても良いのかと言う問題ですが、この質問に対して殆どの医師が安定期に入り妊娠が順調であればしても問題は無いと答えます。妊娠初期の状態ではまだ流産する可能性が高い時期でもあり、セックスによる刺激は避ける方が無難ですが、安定期に入れば妊娠初期よりも流産の危険性が下がり順調に妊娠が進んでいる状態であれば行っても良いとされています。しかし行為の最中にはお腹の中にいる胎児に対する配慮を決して忘れてはなりません。無理な体位でお腹を圧迫したり、激しい刺激は子宮収縮を引き起こし胎児に負担をかけてしまう事にも繋がります。妊娠中のセックスは優しく短時間で終わらす様に心がけパートナーにも理解を示して貰う必要が出てきます。そして妊娠中の膣内は非常にデリケートな状態でもありますから手指を清潔にし、コンドームを使用する等の配慮が必要です。